• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • R&Iセンター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

企業情報

CSR情報

弘前大学との連携(予防医療・未病への貢献)

世界的な高齢化の進展により、健康寿命延伸への意識が高まる中で、予防医療への期待が高まりつつあります。

協和発酵バイオは、2017年2月1日、国立大学法人弘前大学と連携し、健康寿命を延伸させる先制栄養医療の研究開発推進を目的とした共同研究講座「先制栄養医学講座」(Preemptive Nutrition and Laboratory Medicine)を開設しました。本講座では、予防医療に焦点をあて、「健康ビッグデータを用いた疾患予兆法の開発」および「予兆因子に基づいた予防法の開発」を目指します。地域の健康ビッグデータを活用し、栄養を軸に各種検査値や生活習慣との関連性を解明し、新たな検査指標や啓発手法の開発を推進します※1

また、高齢者に対するL-シトルリンの研究や、L-シトルリン及びL-アルギニンの併用接収効果に関する研究などを通し、栄養改善が運動機能に及ぼす効果について産・官・学共同で研究を進めています※2

運動機能の向上を目的とした栄養改善の研究成果をもとに、新たなヘルスビジネスを開発し、世界の人々の健康と豊かさに貢献することを目指します。

※1:
弘前大学×協和発酵バイオ、共同研究講座を開設

※2:
COI筑波大学サテライトシンポジウムにて高齢者に対するシトルリンの研究を発表

第71回日本・栄養食糧学会大会においてL-シトルリン及びL-アルギニンの併用摂取効果に関する研究を発表