• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • R&Iセンター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

企業情報

CSR情報

協和ファーマケミカル

ISO14001認証登録事業所
協和ファーマケミカル(株)
住所:〒933-8511 富山県高岡市長慶寺530番地
TEL:0766-21-3456

沿革

当社は、高度な有機合成技術に加え、独自の不斉配位子や酵素を用いたキラルテクノロジーを駆使し、医薬品原薬・中間体およびファインケミカルメーカーとして発展してきました。

2007年6月より現在の協和発酵バイオグループの一員となり、グループの中核企業として新しいスタートを切りました。

当社の有する有機合成技術とグループの持つ世界トップレベルの発酵技術とを有機的に結合させることで、医薬品原薬・中間体およびファインケミカル領域でのシナジーを最大限に発揮し、さらなる飛躍を目指します。

協和ファーマケミカルについては、こちらをご覧ください。

環境・安全活動

1. ISO14001は1999年1月に認証登録。2017年12月にISO14001:2015へ移行完了し、維持しています。
2. 2018年の環境・安全関連法令上の行政処分は0件でした。
3. 2018年の環境・安全上の苦情件数は0件でした。
4. 富山県等が主催する環境保全活動への参加や、定期的な工場周辺道路の清掃を行っています。

主な環境活動

地球温暖化防止への対応 — 省エネルギー

冷凍機、空調設備、照明器具などの更新時には省エネタイプを選定しています。また、空調機の適正温度設定、フィルター清掃、昼休みの消灯、スチームトラップの点検などの日常的な省エネ活動にも積極的に取り組んでいます。

大気汚染防止への取り組み

現在、2019年に完了の計画で、ボイラー燃料をA重油から都市ガスに転換するための設備工事を進めています。(CO2排出量削減により、地球温暖化防止にもつながります。)

水質汚濁防止への取り組み

脱水汚泥ホッパーの更新(2010年)、曝気槽に高効率散気装置の導入(2013年)など場内廃水処理施設の増強・更新・補修に努め、pH、BOD、SSなどの排水自主基準値を遵守しています。

廃棄物削減への取り組み

産業廃棄物の再資源化に取り組んでおり、埋立処分していた蛍石などの無機汚泥の再資源化に注力し、最終埋立処分量を大幅に低減しました。その結果、2012年にゼロエミッション※1を達成することができました。また、廃有機溶剤、廃プラスチックなどはなるべく有価物化(売却)し、産業廃棄物発生量を削減しています。

※1 ゼロエミッションの定義としては、最終埋立処分量を廃棄物発生量の0.1%以下にすることとしています。

PRTR法対応

2018年PRTR法第1種指定化学物質の排出量

物質名称 大気排出量
(トン)
水域排出量
(トン)
土壌排出量
(トン)
アクリロニトリル 0 0 0
アセトニトリル 0 0.287 0
塩化第二鉄 0 0 0
クロロホルム 0 0.156 0
シアナミド 0 0 0
1,2-ジクロロエタン 0.539 0 0
ジクロロメタン 1.554 0.001 0
ジメチルアミン 0.094 0.243 0
N,N-ジメチルホルムアミド 2.875 0 0
トルエン 38.811 0.366 0
ニッケル 0 0.026 0
ニッケル化合物 0 0.354 0
ノルマル-ヘキサン 9.802 0 0
ベンジル=クロリド 0 0 0
ほう素化合物 0 3.532 0
メチルナフタレン 0.306 0 0
合計 53.981 4.965 0
表彰(直近5年間)
2018年5月 高岡市防火管理協議会
日本ボイラー協会富山支部
2017年8月 高岡市防火管理協議会
第47回自衛消防隊消防訓練大会表彰
2016年9月 高岡市防火管理協議会
第46回自衛消防隊消防訓練大会表彰
2016年2月 公益社団法人富山県善意銀行から感謝状授与
2015年9月 高岡市防火管理協議会
第45回自衛消防隊消防訓練大会表彰
2015年8月 平成27年度ラジオ体操優良団体等表彰全国表彰
2014年10月 富山県特設消防連絡協議会
平成26年度精勤賞受賞
2014年9月 高岡市防火管理協議会
第44回自衛消防隊消防訓練大会表彰
2014年5月 高岡市防火管理協議会
平成26年度防火優良従業員表彰

会社環境・安全方針

1. 私たちは、医薬品原薬、及びファインケミカル分野のメーカーとして、独自の有機合成技術を中心に環境と調和した生産プロセスを開発し、お客様の安全を第一とした高品質の製品・サービスを提供することで、社会の発展に貢献するとともに、従業員の安全と快適職場の維持を目指します。

2. 私たちは、環境、及び従業員に与えるリスクを評価し、環境安全目的・目標を定め、環境安全マネジメントシステムを適切に実施運用することにより、効果的な環境保全、安全衛生活動を推進し、環境安全衛生パフォーマンスの継続的な改善を図ります。

3. 私たちは、環境安全関連法規・規制・協定を順守するとともに、環境汚染の予防、資源の節約等の環境保護、並びに労働災害の撲滅に努めます。

4. 私たちは、この方針の周知と、環境・安全衛生意識向上のための教育・啓発を行い、全員参加で方針の実現に取り組みます。

2019年1月1日
協和ファーマケミカル株式会社
代表取締役社長