協和発酵バイオ

新着情報

2017.3.1
2018年新卒採用のエントリーを開始しました!皆さんのご応募お待ちしています。

Q&A

会社に関して

協和発酵バイオのロゴマークにはどんな意味が込められていますか?

このマークを当社では、CI(Corporate Identity)マークと呼んでいます。CIマークは現在から約30年前の1981年に現在の形で制定し、2005年には立体化を行いました。

制定時には、「発酵とは2倍4倍に増えていくこと、発展性、無限性、未来性を表すもの」、「目の休まる色で和が感じられ、清潔感のあるもの」をコンセプトとしこのマークを作り上げました。個々の円は複合企業的なイメージと「和」の精神的風土を、左肩に走るストロークは無限の飛翔を、全体的なシルエットは化学を暗示させるベンゼン環の六角形を表しています。

ロゴマーク

「協和発酵バイオの歴史」に載っているKyowa Qualityとは何でしょうか?

2011年に立ち上げた海外向けバルク製品ブランドです。協和発酵バイオが製造するアミノ酸や核酸関連物質は「バルク製品」とよばれ、医薬・医療・ヘルスケア分野で広く使われています。

2003年以降、米国において当社は自社製品を化合物名ではなくブランド化して販売することによって、他社品との差別化を図ってきました。「Kyowa Quality」はCognizin® (シチコリン)Sustamine™(アラニルグルタミン)などの単品ブランドの上位に位置し、バリン、ロイシン、イソロイシン等の従来ブランド化していなかったアミノ酸を包含するアンブレラ・ブランドです。単品アミノ酸においても品質問題が懸念される中国品等の競合製品との差別化、また一般のお客様への安全・高品質のアミノ酸を市場でわかりやすく購入いただくためのツールとして活用しています。

Kyowa Quality、写真

研究所の役割と事業の関係について教えてください。

当社の研究はバイオプロセス開発センター、生産技術研究所、ヘルスケア商品開発センターの3拠点で行われています。また当社には、医薬品の原料を中心に取り扱うファインケミカル事業、健康食品の原料を中心に取り扱うヘルスケア事業、植物成長調整剤を取り扱うファイテック事業の3つの事業があります。各研究所は、次の表の通り各事業の将来を支えるための研究を行っています。

研究職は特定の事業の研究だけを担当するのではなく、事業をまたいで研究を担当しますので、様々な領域の研究ができます。上の表は現在の役割ですので、もしかしたら将来にはいずれの事業にも該当しない研究を担当いただくこともあるかもしれません。

研究所の役割

年次有給休暇(有給)の取得率はどの程度ですか?

年々上昇しており、直近の3年間では80%を超える取得率です。社員一人ひとりの仕事と生活の調和を図り、頑張って働く社員の力を発揮できる会社にする施策の一環として、労働組合と協力して年休の取得推進を行ってきた結果が出ています。引き続き、労働組合と協力して、年休の取得推進だけではなく、社員の力を発揮できる会社を目指していく予定です。

採用に関して

OB・OG訪問をしたいのですが、社員を紹介してもらえるのでしょうか?

大変申し訳ございませんが、当社からのOB・OG社員の紹介はいたしかねます。しかし皆さんご自身でサークル・ゼミ・研究室等の先輩にご連絡を取っていただくことは制限しておりません。大学の就職課でOB・OG社員の在籍を確認できるケースもございますので、そちらのルートでご確認ください。また、場合によっては選考途中で若手社員と自由にお話ししていただく機会を設けることがあります。

会社説明会は行っていますか?

毎年多くの大学の学科や研究室を訪問し、会社説明会を行っています。皆さんの大学で実施する旨の案内がありましたらぜひご参加ください。

その他、職種によっては当社で説明会を開催する場合もございます。詳細についてはメンバーズページ上で随時ご連絡いたしますので、ぜひメンバーズページへご登録ください。なお、会社説明会への参加と選考は関係ありません。

写真

入社するにあたり語学力はどれぐらい必要ですか?

当社では現在のところ、一定の語学力を選考基準とすることはございません。しかし事業のグローバル化はますます進んで行くため、語学力の必要性はより高まっていくと予想されます。当社では日本で勤務している社員の中にも英語や中国語を使い仕事をしている方は多くいますので、必要になった時に困らないように日頃から勉強しておくことが必要です。語学会話講習や語学検定試験に関する制度も充実していますので、入社後にご興味があればぜひ活用ください。

研究職について大学での研究テーマは選考に関係ありますか?

研究テーマのみで選考を行うことはございません。しかし研究職の採用である限り、エントリーシートや面接で、皆さんが学生時代にどのような研究を行い、どのような考え方や知識を身につけたのかを教えていただきます。皆さんが学生時代に頑張ってきたことを積極的に伝えてください。

写真

複数の職種を併願することはできますか?

応募資格のある職種に関しては併願可能です。研究職、エンジニア職を併願される場合は、エントリーシート内にある希望職種欄にどちらもチェックを入れてください。エントリーシート選考に通過された場合、適性があると判断した職種の選考にお進みいただきます。企画営業職と他職種を併願する場合は、2種類のエントリーシートを記載いただく必要があります。エントリーシートの受付期間は各職種で異なりますのでご注意ください。なお、各職種で会社説明会の日程や選考フローも異なります。詳細についてはメンバーズページ上で随時ご連絡いたします。

既卒者の応募は可能ですか?

2018年新卒採用に関して、研究職への応募は、2018年3月に理系の6年制大学・大学院を卒業/修了見込みの方、エンジニア職への応募は、2018年3月に理系の大学・大学院を卒業/修了見込みの方、企画営業職への応募は、2018年3月に大学・大学院を卒業/修了見込みの方を対象とさせていただいています。ご卒業の時期にご注意ください。

外国人留学生なのですが応募できますか?また日本人ですが海外の大学を卒業・修了見込みですが応募できますか?

国籍に関わらずご応募いただけます。しかし、当社の応募資格は上記の記載通りであり、現段階では秋採用を行っておりません。ご了承ください。

入社後に関して

最初の配属はどのようにして決定されるのですか?

研究職としての新入社員の配属は、バイオプロセス開発センター、生産技術研究所、ヘルスケア商品開発センターのいずれかになります。配属時の職務としては、プロセス開発研究・機能性開発研究のいずれかを担当していただきます。エンジニア職としての新入社員の配属地域は山口(防府)です。企画営業職としての新入社員の配属地域は、東京・大阪・茨城(つくば)・山口(防府)のいずれかになります。配属時の職務としては、営業職もしくは企画職を担当していただきます。皆さんの能力を最大限に発揮していただくために、採用面接等で皆さんの適性やしてみたい仕事、専門性を十分に確認したうえで担当職務を決定いたします。

入社後の社員教育はどのようになっていますか?

まずは導入研修として、1週間ほど新入社員研修を受けていただきます。新入社員研修では企業理念に始まり、ビジネスマナー、会社概要、各部署の役割についての説明、工場実習等を通して、協和発酵バイオの社員としての基本を学びます。また、職種によっては工場での三交替実習に参加し、製造現場でのモノづくりに携わるというプログラムも予定しております。配属以降は基本的にOJTによって仕事に必要なスキルを習得していきますが、合わせて二年次研修などの集合型研修も実施し、それぞれの階層で必要なマインドを学んでいただきます。また、専門知識や資格取得を目的とした外部研修へ参加する機会もあります。

人事異動やローテーションはどのような仕組みになっていますか?

当社では、適材適所の人材配置の実現、個々人の成長の機会の提供といった観点から、部署間の異動や部署内での担当職務の変更を必要に応じて実施しています。社員は少なくとも半年に1度、上司に今の部署でどのような仕事を担当したい、または仕事の幅を広げるため別の部署に異動したいなどの希望を申告できる機会があります。しかし本人の希望や事情だけで仕事を変えると会社の運営に支障をきたしますので、各部署の要員の過不足や会社の方針、本人の適性、人事考課の内容などを総合的に考えた上で、与える仕事を会社が決定します。

海外勤務について教えてください。

当社グループはアメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジアなど、各国に生産・販売拠点を持っており、グローバルな事業展開を行っています。研究職の社員が海外の生産拠点に長期出張して新技術の導入を行うこともあれば、もともと研究職であった社員が、海外の生産拠点に数年程度駐在し、技術指導や生産管理、品質保証、新型設備の立ち上げ等の職務を担当することもあります。研究職だけでなく、海外拠点に駐在して、各地域への販売・マーケティング業務や海外拠点のマネジメント業務を行う企画営業職の社員も多くいます。それ以外にも、語学留学のため海外の語学学校へ派遣したり、共同研究のため海外の大学に研究職の社員を派遣することもあり、海外勤務の機会が多い会社です。

タイのTHAI KYOWA BIOTECHNOLOGIES CO. ,LTD.

タイのTHAI KYOWA BIOTECHNOLOGIES CO. ,LTD.

ページのトップへ戻る