協和発酵バイオ

新着情報

2017.12
2019年新卒採用のエントリー開始は2018年3月1日です!皆さんのご応募お待ちしています。
山口事業所 品質保証部防府品質管理室製品検査G

周りの力を最大限に引き出す

山口事業所
品質保証部防府品質管理室製品検査G

プロフィール

1997年
理工学研究科化学専攻

経 歴

1997年
東京研究所発酵生産G
(現在のバイオプロセス開発センターにあたる組織で育種・培養関連の基礎研究を担当)
2004年
生産技術研究所培養プロセス開発G
(育種・培養関連の基礎研究を担当)
2008年
バイオプロセス開発センタープロセス開発G
(育種・培養関連の基礎研究を担当)
2010年
山口事業所品質保証部防府品質管理室製品検査G
(工場で生産した製品の品質管理を行うGのマネジメントを担当)

協和発酵バイオに入社を決めた理由は何ですか?

バイオテクノロジーの将来性を感じたためです。

協和発酵バイオで行っている研究は、プロセス開発研究、機能性開発研究、プラント設計研究のいずれのセクションであっても複数の分野にまたがった学問の知識を必要とします。それは私が就職活動をしていた頃も同じでした。私は大学では合成化学の研究をしており、この学問の一部は協和発酵工業のバイオケミカル事業部門(当時)の研究の境界領域に含まれていると感じたことがきっかけです。また、当時の日本ではバイオテクノロジーに対する期待がトーンダウンしつつありました。しかし、欧米諸国などに目を向ければ未来への期待が乏しい領域という見方は少数的で、私自身もこれから伸びる領域だと感じました。そのため、私が大学で研究していた合成化学とは少し毛色の異なる分野でしたが、バイオプロセスの研究開発に憧れて当社への入社を決意しています。

画像

入社してから困難を乗り越えたと感じたエピソードを教えてください。

最近では、新しい機器とその分析法を導入した点です。研究職のキャリアも生かせているなと感じました。

私は現在、品質管理室製品検査Gに所属しており、工場で生産した製品が出荷可能な品質であるかを判定することが私たちの部署のミッションです。
判定はGMPなど各国の規制にのっとって行いますが、身の回りで法律などが日々変わっていくように各国の規制も日々変化していきます。変更の内容によっては、これまで当社では利用していなかった分析機器によって試験を行い、新しい基準で判定をすることが必要になる時もあります。ちょうど2013年の初めまで、その対応をメンバーと一緒に行っていました。主担当をお願いした一人の社員と協力しながら最新の分析機器の使用方法を学び、当社製品に適合した分析法を確立していきました。ただ、最も困難だったのはその後です。彼と私は新しい分析法を修得していましたが、グループで2人しか扱える人がいなかったのです。そのため、多くの社員がこの新機器を使いこなせるよう、操作や分析法の説明書をできる限りシンプルにしたり、対象者に対し説明会を開くなどの工夫を行っていきました。その結果、新機器と分析法の導入にめどがついていますし、一緒に仕事をしていた彼が力をつけていくのを見ていくのは嬉しかったですね。

今回のように、自分たちで作った仕組みが会社で長く使われていくような仕事をした際にやりがいを感じます。私は品質管理室に異動するまでの期間は、育種・培養の基礎研究を担当していました。その際に多くの菌株を作りましたが、そこで確立した技術は今でも工場での実生産に利用されています。当時は苦労しましたが、数年後になって振り返ると当時の仕事を完遂して良かったなと感じることがあります。
なお、研究職の仕事を通じて根本的な謎を解き明かす力が身に付いたと感じています。今回も原因を追求し続けることによって導入を成功に導きましたが、この力はどの部署でも活用できるでしょう。

画像

研究職を目指す学生さんへのアドバイスをお願いします。

広い視野を持ってください。

学生の皆さんは大学で真剣に研究をしていますので、自身の専門分野にこだわりがあるでしょう。そのこだわりは大切にして欲しいのですが、一方で社会に出ると専門分野は最低限必要な知識にしかすぎないことを痛感します。上の質問でもお話ししているよう会社は広い境界領域の知識を必要とする研究をしていますので、自身の専門性を大切にしつつ状況に応じて視野を広げることで良い研究ができます。
私は研究職を10年以上経験し、品質管理室に異動しています。この異動によって仕事の内容が大きく変わりましたので、視野を広げなければ新しい仕事は務まりませんでした。現在になり研究職だった自身を振り返ると、広い視野で研究をしていたつもりでしたがまだまだ視野が狭かったなと感じます。研究職に限らず全ての仕事で広い視野は求められますが、自身の想定より二段階くらい広い視野でものを見てみるときっと役に立つと思います。

画像

ある1日のスケジュール(よくある1日)

画像

  • 06:30
    起床し、朝食をすませる
  • 07:40
    車で出社する
  • 08:00
    グループの朝礼で、メンバーの予定を確認する
  • 08:30
    部内の朝礼に参加し、他のグループに自分のグループの状況を報告する
  • 10:00
    主な仕事はメンバーの行った検査結果の記録書類のチェックである
    朝礼に参加していた間に多くの書類がたまっていたので、目を通して承認を進めていく
  • 12:00
    昼食を取り、休憩する
  • 13:00
    検査結果の承認はPC上でできるものも多いので、PCで承認を行う
  • 15:00
    メンバーが分析機器の取り扱いを学ぶ講習会に参加した際の報告書を読んでいたところ、
    気になる点があったので、試験室に行きメンバーに話を聞く
  • 16:00
    新しく導入予定の分析機器について、メーカーと据え付け工事の時期について打ち合わせを行う
  • 17:00
    工場の稼働が高く、品質管理の仕事量も増えているため、明日の仕事の準備を始めておく
  • 19:00
    準備をおおむね終え退社
  • 19:30
    帰宅後、食事や自由な時間を過ごす
  • 23:00
    就寝

ページのトップへ戻る