協和発酵バイオ

新着情報

2018.3.1
2019年新卒採用のエントリーを開始しました!皆さんのご応募お待ちしています。
山口事業所 品質保証部 防府品質保証室

ワークライフバランス

山口事業所
品質保証部 防府品質保証室

プロフィール

2006年
工学研究科工業化学専攻

経 歴

2006年
生産技術研究所精製プロセス開発G
(精製関連の基礎、スケールアップ研究を担当、
晶析の研究のため1年間国内の大学への派遣を経験)
2011年
山口事業所品質保証部宇部品質管理室
(製造の各工程での品質管理を担当)
2013年
山口事業所品質保証部防府品質保証室
(安定製造を継続するための品質保証を担当)

協和発酵バイオに入社を決めた理由は何ですか?

一緒に働けたら楽しそうだと感じた社員がいたことが決め手です。

大学では粉体の研究をしていたため、研究と関係する仕事に就きたいなという思いがありました。また、医薬や医療といった業界は、地球規模での人口増や高齢化により市場が大きくなることが当時より見込まれていましたので、その中で競争力を持っている点にも魅力を感じました。とはいえ、粉体や医薬、医療にかかわる企業は他にも多くあると思いますが、その中でも協和発酵工業のバイオケミカル事業部門(当時)を選んだ理由は、選考を通して疑問に思った点は必ず確認や指摘をするような社員が多いことを感じたためです。なぜ私が内々定をいただけたのか解き明かせていない部分もありますが、面接では未熟だった自身に厳しいともとれる指摘をいただいたことを覚えています。また、それでいて当社の社員はまじめそうなタイプの方が多く、雰囲気もアットホームであったため、この会社で働こうと思いました。

研究職としてのキャリアが生きた経験を教えてください。

製品ができる仕組み、品質を安定化する要因を徹底的に考えた経験が役に立っています。

研究職を5年近く経験した後、品質管理室を経て、現在は品質保証室で仕事をしています。研究職は常に新しいことをするのが仕事であり、私の場合は国内の大学に派遣され研究をしていたこともあったため、新しい環境になってもすぐに順応できる力が身に付いたと思っています。また、私は研究職の期間は培養液や溶解液という仕掛品より製品である結晶を取り出す精製の研究を一貫して行っていました。当社では精製した結晶を製品として出荷していますので、精製の研究は製品の品質に大きく影響します。品質管理、品質保証も製品品質に大きく関係がある仕事です。研究職として結晶がどのような原理でできるのか、品質はどのような要因で安定するのかといったことを突き詰めて考えた経験は、品質管理、品質保証の仕事を進める上で大きく役に立っています。

画像

仕事をする上で大切にすることは何ですか?

モットーにもありますが、「ワークライフバランス」です。

仕事やそれに関連することを勉強、調査するのが好きなので、意識しないでいるとついつい長い時間過ごしてしまうことがあります。それも楽しいのですが、最近はワークライフバランスを意識し、長めの休暇を取得したり連休を利用して趣味である旅行によく行きます。バランスを保つコツは、仕事が忙しそうだから旅行は見送った方が賢明かなと思うことがあっても、旅行の計画を立て予めチケットなどの申し込みをすることです。そうすることで仕事を旅行までにきちんと終わらせなければならないというほど良いプレッシャーになり、もしかしたら気のせいなのかもしれませんがいつもより効率よく仕事を進められます。国内外を問わず旅行を楽しんでおり、海外旅行に行く際は国際線のある福岡空港をよく利用しています。山口県からの海外旅行は意外に便利ですよ。

画像

研究職を目指す学生さんへのアドバイスをお願いします。

適度な息抜きをお勧めします。

仕事も就職活動も同じだと思いますが、適度な息抜きが必要です。私の今の息抜きは旅行で、就職活動の際の息抜きは研究でした。息抜きばかりをすることは当然問題ですが、適度に息抜きをして違うことをしているとふとひらめいて、うまくいかなかったことがうまくいく、うまくいっていたことがより加速するということはあると思います。また、息抜きではないのですが、現在社内で組織している労働組合の役員を担当しています。労働組合は社員が働きやすい環境を維持、ブラッシュアップするなどの目的をもって活動していますが、役員を経験することでこれまでとは視点が変わって来て、仕事を効率的に進めるヒントを得たと感じました。学生の皆さんもうまく息抜きや気分転換をしながら就職活動を進め、自分の望んだ結果になるよう頑張ってください。

ある1日のスケジュール(海外旅行の前日)

画像

  • 06:30
    起床、朝食
  • 07:20
    出社し、1日のスケジュールを確認する
  • 08:00
    朝礼の後、9時より予定されている会議の資料を確認する
  • 09:00
    製造部との新設備の進捗確認に関する打ち合わせ
  • 10:30
    本日より旅行に行くため、報告書を最終確認して提出する
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    労働者代表の一人として環境安全衛生委員会に出席する
  • 14:30
    引き続き、労働者代表の一人として事業場経営協議会に出席する
  • 16:00
    残務がないことを最終確認する
  • 16:40
    退社し、旅行の荷造りを済ませる
  • 18:00
    空港に向けて出発

ページのトップへ戻る