協和発酵バイオ

新着情報

2017.12
2019年新卒採用のエントリー開始は2018年3月1日です!皆さんのご応募お待ちしています。
山口事業所 製造部製造第一課精製係長

判断すべきところは
自分でしっかり判断する

山口事業所
製造部製造第一課精製係長

プロフィール

2001年
総合理工学研究科環境エネルギー工学専攻

経 歴

2001年
生産技術研究所工業化技術開発G
(プラント設計研究、精製と廃液処理関連の基礎、スケールアップ研究を担当)
2011年
山口事業所製造部製造第一課アルコール・用役係長
(廃液処理、ユーティリティ、アルコール蒸留設備の運転のマネジメントを担当)
2012年
山口事業所製造部製造第一課精製係長
(精製設備の運転のマネジメントを担当)

協和発酵バイオに入社を決めた理由は何ですか?

大学時代とは違う世界で挑戦してみたかったからです。

私は大学時代に機械工学を専攻していましたが、同じ専攻の友達が希望していたような自動車メーカーなどの機械工業はあえて志望しませんでした。機械の研究にももちろん興味はあったのですが、大学の授業で図面を書くことに面白さを感じ、設備の設計に携わりたいという思いがあったためです。そのため設備の設計を行える可能性の高い機械系以外の業種に目を向けることにし、最初に知ったのが協和発酵工業(当時)でした。会社について調べていくと、機械技術者にとってなじみのない会社だからこそ様々なことを行える可能性があると感じ、興味がより強くなったことを覚えています。入社後、発酵について学ぶことは大変新鮮で、希望通り設備の設計にも携わる機会がありました。本当は違う世界に挑戦することに若干の不安があったのですが、新しい世界に足を踏み入れた勇気ある当時の自分を称えたいです(笑)。

現在担当している仕事の内容とやりがいを教えてください。

メンバーと協力して精製設備を操業しています。改善を行った際には、結果がすぐに反映されるやりがいがあります。

私は現在14名のメンバーと協力しながら、精製設備の安定操業や生産性向上のための改善を行っています。最近はあるアミノ酸の需要が非常に高まり、生産性を上げなければ需要に追い付かないという事態に直面しましたが、無事目標を達成することができました。
当社では生産性向上のための研究は研究職が行い、まずはラボや工場でデータを取得します。データの蓄積により実製造の可能性が高まってくると、研究職と私をはじめとした製造現場の技術者が協力しながら仕上げ部分を進めていきます。その際、研究職が取得したデータを見て、例えばどうしたら濃縮などの時間が短縮でき、設備に適合したプロセスになるかを話し合い決定するのが私の大切な仕事の1つです。実製造にあたっては、製造現場を日々見ており設備の特性を知り尽くしている私たちからの視点が必要になります。仕上げの部分に携わるので、結果がすぐに表れる点はやりがいですね。

画像

研究職としてのキャリアが生きた経験を教えてください。

研究職として様々な分野に挑戦してきたことで、製造について全体的なフォローができるようになりました。

私は入社する前から自分の知らない世界に足を踏み入れることが面白いと感じるタイプでした。自分が今まで知らなかったことを知ることができ、自分自身が成長していけるためです。入社後は様々な分野の研究を行う機会に恵まれ、プラント設計や精製、廃液処理関連の研究に携わりました。その後製造部に異動し、廃液処理や精製設備とその設備を運転するメンバーのマネジメントを担当しています。仕事が変わるたびにいつも新しい壁があり、乗り越えていくことは楽しいです。
現在の職場である製造現場では時として予期していないことが起こりますが、その場合にもこれまでに培ったバリエーション豊富な考え方が役に立ち、的確な対処ができています。新しいことに挑戦し続けることで、多くのことに対して動じず冷静に判断ができるメンタル面の強さも身に付きました。今後も現状に満足せず、他人にマネのできない専門性を身につけていきたいと考えています。

画像

研究職を目指す学生さんへのアドバイスをお願いします。

自分の考えをしっかり持って行動してみよう!

私が一緒に働きたいと感じるメンバーは、上司からの指示を待たずに自分で考えて動くことができる人です。全ての判断や意見を相手に求めるのではなく、自分の考えをしっかり持って相談してくれる人は頼もしいですし、一緒に仕事をしていて気持ちがいいですね。「どうすればいいですか?」ではなく「こうしたいのですが、どうでしょうか?」が理想です。また、自分で考えて動くことができる人は同僚からの信頼も厚いことが多く、行き詰まった時に力を借りやすいといったメリットもあると感じます。
協和発酵バイオの研究職は、論理に基づいた提案ができれば若手にも責任のある仕事を任せてもらえる風土があります。そのため、自分の考えをしっかり持って上司に説明し、仕事をつかみ取るような学生を求めています。皆さんも今からこのように考える癖をつけると、就職活動だけでなく会社に入った後もずっと役に立つのではないでしょうか?

ある1日のスケジュール(よくある1日)

画像

  • 06:20
    起床、朝食
  • 07:30
    出社してメールのチェックをする
  • 08:00
    夜勤のメンバーから朝勤のメンバーへの引き継ぎ報告を確認する
  • 08:30
    製造現場のパトロールへ
  • 09:00
    課内の朝礼
  • 10:00
    本社や海外の担当者と連絡を取りながら、あるアミノ酸の製造計画を立てる
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    現在進めているプロジェクトの会議に出席する
  • 15:00
    製造現場に赴き、夕勤のメンバーと生産性向上を目標にしている品目の製造状況を確認する
  • 16:00
    現場で改造中の設備の工事を見に行く
  • 16:40
    退社
  • 17:00
    事業所付近にあるゴルフの練習場に行き、暗くなるまで練習する
  • 18:00
    帰宅後夕飯を食べる
  • 19:00
    子供と遊んだ後、一緒にお風呂に入る
  • 21:00
    子供が寝静まった後、自分の時間を過ごす
  • 23:00
    就寝

ページのトップへ戻る