協和発酵バイオ

新着情報

2018.3.1
2019年新卒採用のエントリーを開始しました!皆さんのご応募お待ちしています。
東京支店 ヘルスケア営業課

妥協しない

東京支店
ヘルスケア営業課

プロフィール

2012年
農学研究科農芸化学専攻

経 歴

2012年
ヘルスケア商品開発センター学術研究企画室
(営業担当に対する学術面のサポート、販促資料の作成、展示会などのPR活動業務を担当)
2014年
東京支店ヘルスケア営業課
(主に飲料メーカーを中心にアミノ酸などの原料販売を担当)

大学では研究をしていたようですが、なぜ営業職を志望したのですか?

理系の知識と入社後に学んだ営業力を融合させた営業のプロになろうと思ったからです。

研究という形で会社・世の中に貢献することはとても魅力的だと思いますが、私は理系の知識と営業力を兼ね備えたオールラウンドプレイヤーになりたいと思い、営業職を志望しました。
協和発酵バイオの営業は少し特殊で、一般的にイメージする食品メーカーの営業ではなく、食品・飲料・健康食品メーカーに対して、最終商品の原料となるアミノ酸などを販売するBtoBと呼ばれる営業です。営業先の企業では、様々な知識を持つ各ジャンルのプロを相手にしなければなりません。例えば、流行などに敏感なマーケティング担当者、原料の物性などの知識を駆使し商品開発を行う開発者、最先端の機能性研究に取り組んでいる研究者など、私が相手にするプロは本当に多様です。つまり、原料メーカーの営業は、世の中の流行をしっかりと把握し、自社製品の性質をしっかりと理解し、かつ最新の研究における知識を持って、各ジャンルのプロと対等に話せるプロにならなければなりません。

入社してから困難を乗り越えたと感じたエピソードを教えてください。

過去の経験を生かした準備により、3つの大きなプレゼンを成功させることができました。

画像

大きなプレゼンを3つ抱えた怒涛の1週間を乗り越えたことです。私はヘルスケア営業課に異動してすぐ、国内と海外のお客様に向けた2つの大きなプレゼンを任せられました。上司と相談しながら優先順位を付け、そして量と質のバランスを考え入念に準備に取り掛かっていましたが、同じ時期にさらにもう1つ大きなプレゼンが重なってしまいました。時間がなく慌てましたが、最初に配属されたヘルスケア商品開発センターでの経験を生かし、また最適な人への相談を行うことで十分な準備ができ、すべてのプレゼンを成功することができました。
私は、「準備するための準備」が大切だと考えています。どんな仕事も無駄にはならないと信じています。行ってきたこれまでの仕事や経験を記憶し、自分の引き出しを増やすことで、次の仕事に活用できる場面が多くあることをこの経験から学びました。これからさらに経験を増やし、次なる困難に備えて仕事をしていきたいと思います。

仕事をする上で大切にすることは何ですか?

仕事を妥協しないこと、人とのつながりを意識することです。

私の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」です。この言葉は、「人生における幸不幸は予測しがたく、幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからない。」ということです。これは仕事でも同じだと思います。目の前にある小さな仕事が、いつどこで大きな仕事につながってくるかも、その逆で適当に済ませた仕事がいつ大きな失敗になって返ってくるかもわかりません。その場は良くても、仕事を妥協することで、いつか自分にとって負の影響が出てしまわないようにしたいと思っています。「可能な限り全力で、妥協をしないで仕事をする。」これが仕事をする上で私が大切にしていることです。一生懸命で熱意を持った人のお願いごとは、協力したい!と思えるものです。仕事は人と人のコミュニケーションで成り立っていますので、周りの人に木戸口と仕事をしたいと思ってもらえるような行動を心掛けています。

画像

協和発酵バイオに入社して良かったこと、意外だったことを教えてください。

意外なことに、入社後と就職活動中に感じた協和発酵バイオの印象がまるで同じでした!

入社して良かったことは幅広い視野を持てるようになったことです。当社は、食品・化粧品・医薬品など、幅広い分野の第一線で活躍しています。私の課では主に食品を扱っていますが、他部署の人と交流する機会も多くあり、情報交換をすると異なる業界の情報を得ることができます。また、当社は世界中でビジネスをしていますので、学生時代にはなかった世界へ視野を広げることができ、若いうちから海外出張の経験もできます。責任が大きい仕事もありますが、それが大きな経験となり成長の糧になっていると感じています。基本的にはOJTで仕事を習得していきますが、実践を通じて成長を体感できるのも当社の良さだと捉えています。
意外だったことは、就職活動中に受けた当社の印象(お酒が大好き、上下の垣根がない、まじめ)が、何ら変わりなかったことです(笑)。 皆様が受ける協和発酵バイオの印象が良くも悪くもその通りなのではないかと思うくらい素直な会社です。

ある1日のスケジュール(飲料メーカーへ当社の原料を提案する重要な商談日)

画像

  • 07:00
    起床して、朝ごはんを食べながら日課のテレビを見てリズムを作る
  • 08:00
    自宅を出発し、電車ではWEBニュースをチェックする
  • 08:45
    会社に到着後、まずはメールと前日のやり残しを確認し、to do listを作成する
  • 09:00
    メールの返信や、関係部署にお客様から要望されている書類情報の確認する
  • 09:30
    11時のアポイントのお客様へ向けた提案資料を作成し、商談内容の予習を行う
  • 11:00
    某健食メーカーを訪問、開発担当との商談で自社の新しい機能性データを紹介する
  • 12:00
    提案が無事終わり、事前にチェックしておいた気になるお店でランチ
  • 13:00
    カフェでお茶をしながら、次のお客様との商談に向けて準備、提案内容の確認をする
  • 14:00
    某飲料メーカーを訪問、マーケティング担当と商談開始
    市場の情報を交えながら、バイオ原料を提案する
  • 15:30
    商談内容を忘れないように、移動中にメモを作成し、会社に戻る
  • 16:00
    たまったメールを確認し、重要度・優先度が高いものから返信する
  • 18:00
    明日行う仕事を整理し、パソコンの電源を切り、退社する
  • 19:00
    夜の街にくりだし、大学の友人との飲み会に参加する
  • 22:00
    帰宅してすぐにお風呂に入り、テレビや動画を見る
  • 25:00
    就寝

ページのトップへ戻る