協和発酵バイオ

新着情報

2018.3.1
2019年新卒採用のエントリーを開始しました!皆さんのご応募お待ちしています。
バイオプロセス開発センター プロセス開発

何でも楽しんで取り組む

バイオプロセス開発センター
プロセス開発G

プロフィール

2013年
農学研究科応用生命科学専攻

経 歴

2013年
バイオプロセス開発センタープロセス開発G
(育種・培養関連の基礎研究を担当)
培養設備の運転を担当する部署での研修などを経て、現在に至る

協和発酵バイオに入社を決めた理由は何ですか?

仕事内容、事業戦略、会社・社員の雰囲気の全てに魅力を感じたためです。

私は大学で微生物の研究を行っており、この分野のパイオニアである協和発酵バイオは自然と候補の1つになりました。私の大学で行われた会社説明会では、協和発酵バイオは世界中で競争が激化しているにも関わらずアミノ酸業界の中で高いシェアを確保しており、また当社でしか作ることができない製品を生産しているという説明がありました。また就職活動の間にOBやOGにお話を聞かせて頂く機会があったのですが、その中でやむを得ず寿退職された方が「もう一度働くなら協和発酵バイオがいい」と話してくださったことが耳に残っています。社員に愛されている会社だと感じた瞬間でしたね。私は協和発酵バイオ以外にも多くの会社の選考を受けましたが、体育会系の企業が多いように感じました。私はガツガツよりもコツコツと研究を進めていくタイプですので、当社の穏やかな雰囲気は自分に合っているとも感じ入社に至っています。

将来挑戦したいことは何ですか?

どんなことにも積極的に挑戦することで早く成長したいです。

画像

具体的に挑戦してみたいことは思いつかないのですが、チャンスがあればどんなことでも積極的にチャレンジしていきたいです。入社して4ヶ月目には、食品会社や医薬品会社に自社製品をアピールをするという研究以外の仕事を行う機会がありました。まだ入社して間もないため会社や製品についての詳しいことはお客様に説明できませんでしたが、このイベントを通して会社が目指していることやお客様の要望を知ることができ、そういったことを意識して研究に取り組めるようになりました。私の所属している部署ではどんどん新しいテーマを探索していくことが推奨されていますので、研究以外の仕事にも進んで参加し、研究のヒントにつながるものを探していきたいですね。そして目の前の研究を一歩一歩行い、早く先輩に追いつき会社の戦力として活躍できるよう成長していきたいと思っています。

学生時代の研究との違いはありますか?

研究の進め方に大きく違いがあります。

私は大学では酵母を用いて細胞内のあるメカニズムについて研究しており、現在は物質生産についての研究を担当しています。研究内容の違いはもちろんですが、研究の進め方も大学での研究とは大きく異なるのです。大学では研究発表が半年に1回のみであったため、自分のペースで研究を行い、実験に失敗しても原因をじっくり突き詰める時間がありました。しかし会社では週に1回報告資料を作成し、月に1回研究の進捗を発表するため、スピード感が求められます。そして会社の利益を上げられる研究かどうかの見直しが日々行われており、研究途中のテーマであっても需要の急減などの外部環境の変化があれば中止になることも多々あるようです。会社の利益に直結するため、緊張感を持って研究を行うのが会社での研究です。このように緊張感のある研究を行うことで、大学時代と比べるとより時間を意識して研究を行うようになりました。

画像

研究職を目指す学生さんへのアドバイスをお願いします。

オンとオフのバランスが大切!

社会人になっても同じですが、特に学生の皆さんには今からオンとオフのバランスをとって生活して欲しいと感じています。普段の大学生活では、研究に没頭するだけでなく、日頃から文献を読む癖や分からないことがあれば周りの人に質問することを心掛けてもらいたいです。こうすることで1人で研究しているよりも効率良く研究を進めることができますし、自分の中に新しい知識や考え方を取り入れることができます。当社には様々なバックグラウンドを持った先輩に気軽に質問出来る雰囲気があり、これは当社の魅力の1つだと感じています。また大学生には社会人よりも長い休暇がありますので、思いっきりオフタイムを満喫することもオススメです。私は長期休暇には友達とヨーロッパを訪れ、普段の生活では経験できない多くのことを体験したりしていました。オンとオフ、どちらかに偏ることがないようバランスをとった生活をぜひ送ってみてください。

ある1日のスケジュール(月例ミーティングの日)

画像

  • 07:00
    起床後準備をする
  • 07:50
    車で出社した後、メールチェックをする
  • 08:30
    これから始まるミーティングで発表する資料に目を通す
  • 09:00
    月1回行われる部署内の月例ミーティングが始まる
    最近では先輩の実験内容についても理解できるようになってきた
  • 10:30
    緊張しながらも自分の実験についての発表を無事終える
  • 12:00
    昼食後、同期と卓球の真剣勝負をする
  • 13:00
    月例ミーティングの続きが始まる
  • 15:30
    ミーティングが終わった後、先輩とのお菓子タイム
  • 16:00
    昨日行った実験のデータ分析と今日予定していた実験を進める
  • 19:00
    今日行った実験の整理をして明日の実験に備える
  • 19:30
    退社
  • 20:00
    夕飯を作って食べる
    だんだん作れるものも増えてきた(?)
  • 21:00
    のんびり読書をするなど自由時間を満喫する
  • 23:00
    就寝

ページのトップへ戻る