協和発酵バイオ

新着情報

2018.3.1
2019年新卒採用のエントリーを開始しました!皆さんのご応募お待ちしています。
生産技術研究所 工業化技術開発G

前向き

生産技術研究所
工業化技術開発G

プロフィール

2012年
生物システム応用科学府生物システム応用科学専攻

経 歴

2012年
生産技術研究所工業化技術開発G
(培養関連のスケールアップ研究を担当)
培養設備の運転を担当する部署での研修などを経て、現在に至る

協和発酵バイオに入社を決めた理由は何ですか?

自分の志向に沿った研究ができそうで、かつ世の中に大きな影響を与えられる可能性が高いと感じたためです。

欲張りなのかもしれませんが、社会人になったら①微生物の、②大きなスケールでの、③製品化につながる研究がしたいという希望がありました。就職活動の際に話を聞いた限りでは、協和発酵バイオではこの3点が満たせるような印象を持ったため、魅力を感じました。また、製品化という点では当社は原料メーカーですので、製品化を行った後には医薬品、食品、化粧品などの様々な企業に製品を供給します。そのため、画期的な新製品を出した場合には、ある業界でほぼ全ての企業が当社の原料を利用するということがあり得ますし、逆に当社が製品を安定供給できなくなれば多くの企業に悪影響を与えます。この波及度合いの大きさも魅力に感じた点です。自分の志向に沿った研究ができそうで、世の中に与える影響が大きい点も面白いと思い当社に入社しました。

学生時代の研究との違いはありますか?

お金です。

画像

これには2つ意味があります。
1つ目は、社会人ですのでお給料をいただいて研究をしています。これは研究職に限った事ではありませんが、お給料相応の仕事はしなければならないと感じており学生の頃より研究への責任感が格段に増しました。
2つ目は、私はスケールアップ研究を担当していますので、工場の製造設備を用いて行う現場試験という実験を行うことがあります。新設備を建てた場合などを除き、現場試験で利用する設備は、普段は別の製品を作って会社の利益に貢献しています。ところが、現場試験時には販売できる製品を作ることを中断して、まだ製品とは言えないため販売できないサンプルを作るのです。そのため、現場試験が成功しても短い目で見れば会社の利益は減りますし、失敗した際には大損になってしまいます。現場試験を行うだけでも大きなお金がかかりますので、緊張感を持って研究ができていますね。

休日の過ごし方や趣味を教えてください。

テニスを再開しました!

高校生の頃に行っていましたが、いつの間にか辞めてしまったテニスを社会人になってから再開しました。事業所内にテニスコートがあるので、主にそのコートで週に2回程度練習をしています。2ヶ月に1回くらい試合にも出場しており、ときどき勝てるくらいには腕が戻ってきました。
事業所のテニス部に所属しておりプレーを楽しんでいますが、幅広い年代や部署の社員が在籍している点が特徴です。練習後などにはテニスコートで仕事の話をしたりすることもあります。また、まだ入社2年目ですので、数百人が在籍している事業所内には顔と名前が一致しない方がまだまだ多くいます。仕事で別の部署との打ち合わせを行った際に、多くの参加者が初対面だったため緊張していたところ、たまたまテニス部の方がいて声をかけていただき緊張がほぐれたこともありました。会社のテニス部は、趣味だけではなく仕事上の人脈づくりでも少しだけ生きています。

画像

研究職を目指す学生さんへのアドバイスをお願いします。

堂々としてください。

就職活動では多くの会社を見に行き比較して、また自分と徹底的に向き合う貴重な経験ができます。そのため、妥協せずに積極的に取り組んでみてください。
私も就職活動には力を入れました。余談ですが、東日本大震災の日は当社の面接を受けており公共交通機関が麻痺して帰宅できなくなっため、会社の寮に泊めていただきとても助かりました。私が就職活動を行った年は震災の影響で、多くの企業の選考スケジュールが変わるなどの予期せぬアクシデントがありましたが、社会人として何がしたいかを考え続けた結果、無事に就職活動を終えることができました。就職活動をして多くのことを感じましたが、「堂々としていなさい」というアドバイスが印象に残っています。皆さんも堂々として自身の夢やこれまでの経験を会社に伝えれば、きっと良い結果につながると思いますので頑張ってください。

ある1日のスケジュール(テニスの練習日)

画像

  • 07:00
    起床
  • 07:20
    自宅を出発
  • 08:00
    朝礼の後、ジャーファーメンターより培養液をサンプリングして、分析する
  • 08:30
    サンプリングしたデータを整理する
  • 10:00
    論文を読み、今後の研究の進め方を考える
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    来週予定している研究発表会の資料の準備をする
  • 15:00
    培養試験のため、培地の準備を始める
  • 16:00
    退社前に、ジャーファーメンターを確認する
  • 17:00
    テニスの練習
  • 19:00
    帰宅し、夕食を摂る
  • 23:30
    読書などで自由時間を過ごした後、就寝

ページのトップへ戻る