• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 製品カタログ一覧
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • バイオプロセス開発センター
  • ヘルスケア商品開発センター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

ヘルスケア商品開発センター

論文・著作物・セミナー

  • 論文
  • 著作物など
  • 学会発表・セミナー

2016年

  • 秋月さおり, 神村彩子, 森下幸治. L-ヒドロキシプロリン経口摂取がヒトの尿中代謝産物に及ぼす影響. 日本尿路結石症学会誌. 2016;14(2).

ページのトップへ

2015年

  • 中村愛理子, 青木麻実, 渡邊史子, 神村彩子. 若年男性における低用量メナキノン-4のオステオカルシンのカルボキシル化促進作用:用量反応性試験. ビタミン. 2015;89(2):56-8.
  • 鈴木貴視, 森田匡彦. 炎症と老化から見たL-シトルリンの生理機能. 別冊 BIO Clinica 慢性炎症と疾患. 2015;4(2):120-4.
  • 松川達士. 抗ロコモ素材~筋肉・骨・関節~. FOOD Style 21. 2015;19(6):56-8.

ページのトップへ

2014年

  • 森田匡彦, 桜田真己. L-シトルリンによる血管機能向上 -Improvement of vascular function by L-citrulline-. Anti-aging Science. 2014;6(1):28-32.
  • 鈴木貴視, 松川達士. L-シトルリン経口摂取が皮膚アミノ酸含量および水分量へ与える影響. FOOD Style 21. 2014;18(4):60-1.
  • 森田匡彦. L-シトルリンの代謝と生理作用(総説). 2014;240-5.

ページのトップへ

2013年

  • 秋月さおり, 桐浴隆嘉. L-オルニチン摂取によるストレスの改善およびこれに伴う肌質の改善. 食品と開発. 2013;48(3):97
  • 秋月さおり, 桐浴隆嘉. オルニチン. 機能性食品素材のためのヒト評価. シーエムシー出版.
  • 松川達士. オルニチン摂取による疲れ肌改善効果.FOODSTYLE21 2013;17(7):28-30.
  • 田墨恭子、森田祐二、八田樹輝、三浦裕、青木麻実、桐浴隆嘉、米井嘉一. オルニチン摂取による肌質改善効果. アミノ酸研究. 2012;6(1):43-5.
  • 秋月さおり、菱田幸宏、青木麻実、倉田幸治、長澤麻央、古瀬充宏、森下幸治. L-オルニチンのストレス抑制作用. アミノ酸研究. 2012;6(1):47-9.
  • 木戸口隆, 西村明仁. 機能性アミノ酸“L-オルニチン”,“L-シトルリン”の最新エビデンス. ソフト・ドリンク技術資料. 2013;169(1):91-109.
  • 木崎美穂、橋爪恵理香、渡邊史子. バリアプロテクション作用をもつN-アセチル-L-ヒドロキシプロリン(第2報)Fragrance Journal. 2013 ;5 :88-91.
  • 西村明仁. オルニチンとストレスケア. 食品と開発. 2013;48(4):13

ページのトップへ

2012年

  • 菱田幸宏. L-オルニチンの肝機能改善効果. FOODSTYLE21. 2012;16(11):87-9.
  • 西村明仁.「骨」、「関節」、「筋肉」ケアに重要な抗ロコモ素材. FOODSTYLE21. 2012;16(9):65-7.
  • 木崎美穂. バリアプロテクション作用をもつN-アセチル-L-ヒドロキシプロリン. Fragrance Journal 2012;4:44-6.

ページのトップへ

2011年

  • 室町綾子. コラーゲンをはじめとする注目の美容食品素材. 食品と開発. 2011;46(7):78-9.
  • 小松美穂. シトルリンによる血液改善とむくみ予防. FOODSTYLE21. 2011;15(2):32-4.
  • 西村明仁. L-オルニチン. 抗ストレス食品の開発と展望Ⅱ. シーエムシー出版.

ページのトップへ

2010年

  • 森田匡彦、落合将之、森下幸治、林登志雄. L-シトルリンの血管内皮機能障害の改善効果.日薬理誌. 2010;136:185.
  • 戸田達. アミノ酸のスポーツへの効果. FOODSTYLE21. 2010;14(12):35-7.
  • 西村明仁. L-オルニチンの肝機能改善を介した抗疲労効果. FOODSTYLE21. 2010;14(11):36-8.
  • 戸田達.ビタミンK2のアンチエイジング作用 骨、関節、血管への効果. FOODSTYLE21 2010;14(8):53-5.
  • 伊地知伸行.遊離アミノ酸・L-オルニチンの創傷治癒と肌への効果.食品と開発. 2010;45(8):10-2.
  • 西村明仁.オルニチンの抗疲労効果. 食品と開発. 2010;45(4):74-6.

ページのトップへ

2009年

  • Noguchi A, Djerassi D. Amino Acids and Peptides: Building Blocks for Skin Proteins. Nutritional Cosmetics: Beauty from Within. 2009;287-317.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの生理機能. New Food Industry. 2009;51(9):1-5.
  • 戸田達. ビタミンK2と骨の健康. FOODSTYLE21 2009;13(8):44-6.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの機能性と飲料への応用. FOOD RESEARCH 2009;7:10-3.
  • 柴崎剛. シトルリン・オルニチン. 食品と容器 2009;50(3):140-6.

ページのトップへ

2008年

  • 小松美穂, 森下幸治. L-オルニチン塩酸塩の連続摂取による体感効果. アミノ酸研究. 2008;2 (1):78-9.
  • 柴崎剛. オルニチン.アミノ酸科学と最新応用技術 2008;7:303-15.
  • 神谷俊一. グルタチオン.アミノ酸科学と最新応用技術 2008;7:288-302.
  • 柴崎剛. L-シトルリンの機能と物性.食品工業 v2008;51(10):20-5.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの生理活性.New Food Industry 2008;50(6):1-5.
  • 木崎美穂. 機能性食品素材としてのL-シトルリン.FOODSTYLE21 2008;12(5):96-8.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの機能性と飲料への応用.ジャパンフードサイエンス 2008;47(3):45-8.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの生理学的機能と物性.ILSI Japan 2008;9(2):5-10.

ページのトップへ

2007年

  • 小板谷典子, 江崎潤子, 西牟田守, 山内淳, 橋爪恵理香, 森下幸治, 佐々木敏, 石見佳子. ビタミンK2(MK-4)の補給摂取が閉経後女性の生体に及ぼす影響.第9回日本骨粗鬆症学会.
  • 木崎美穂. シトルリンと循環器ケア.FOODSTYLE21 2007;11(12):55-7.
  • 川田陽子. L-オルニチンの肝機能改善作用.FOODSTYLE21 2007;11(11):65-7.
  • 戸田達. グルコサミンとスポーツニュートリション.FOODSTYLE21 2007;11(7):62-3.
  • 柴崎剛. L-シトルリンの機能と物性について.FOODSTYLE21 2007;11(6):29-32.
  • 木崎美穂. L-シトルリンの生理学的機能と物性.食品と化学 2007;49(7):73-7.
  • 戸田達. グルコサミンとスポーツニュートリション.FOODSTYLE21 2007;11(7):62-3.
  • 柴崎剛. L-シトルリンの機能と物性について.FOODSTYLE21 2007;11(6):29-32.
  • 柴崎剛. アミノ酸、L-オルニチンの機能を探る.化学と生物 2007;45(5):309-11.

ページのトップへ

2006年

  • 戸田達. 骨の健康維持に必要なビタミンK2.FOODSTYLE21 2006;10(9):53-5.
  • 柴崎剛. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座12 アミノ酸情報源.FOODSTYLE21 2006;10(12):24-5.
  • 木崎美穂. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座11 脂肪分解・燃焼とアミノ酸.FOODSTYLE21 2006;10(11):25-7.
  • 加藤真紀子. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座10 シニア向けアミノ酸.FOODSTYLE21 2006;10(10):18-20.
  • 戸田達. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座9 筋肉とアミノ酸.FOODSTYLE21 2006;10(9):17-9.
  • 野口文子. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座8 アミノ酸と美肌.FOODSTYLE21 2006;10(8):30-2.
  • 木崎美穂. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座7 トリプトファンの生理作用.FOODSTYLE21 2006;10(7):25-6.
  • 三井秀記. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座6 コンパニオンアニマルへの応用.FOODSTYLE21 2006;10(6):25-7.
  • 野口文子. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座5 GABAの生理作用.FOODSTYLE21 2006;10(5):33-5.
  • 前田匡毅. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座4 ヒスチジン~脳機能における役割.FOODSTYLE21 2006;10(4):22-4.</li>
  • 前田匡毅. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座3 BCAA~運動における効果.FOODSTYLE21 2006;10(3):16-8.
  • 戸田達. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座2 オルニチン~美肌効果.FOODSTYLE21 2006;10(2):24-5.
  • 柴崎剛、小松美穂. 個性的な各種アミノ酸の生理機能講座1 オルニチン~疲労回復効果. FOODSTYLE21 2006;10(1):13-5.
  • 柴崎剛. アミノ酸・ペプチドの最新のトピックス. ソフト・ドリンク技術資料. 2006;149(2):233-50.
  • 柴崎剛. オルニチン~肌と疲労への効果. ジャパンフードサイエンス. 2006;45(7):40-2.
  • 協和発酵工業株式会社. オルニチンの機能性と飲料への利用提案. ビバリッジジャパン. 2006;291(3):72-3.

ページのトップへ

  • 研究開発に関するお問い合わせ

メールによるお問い合わせには、お問い合わせフォーム冒頭のご注意事項にご同意いただき、ご利用ください。