• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 製品カタログ一覧
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • バイオプロセス開発センター
  • ヘルスケア商品開発センター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

企業情報

沿革

2008年(平成20年)10月1日、協和発酵工業株式会社(現・協和発酵キリン)のバイオケミカル事業を分社、協和発酵バイオ株式会社としてスタートしました。

  • 2000年代以降
  • 1980年代~1990年代
  • 1970年代以前
1977年(昭和52年) 発酵廃液の再資源化と水質改善の成果に関して、わが国初の環境庁長官賞受賞。
メキシコ国営会社との合弁によるフェルメックス社がL-リジンの生産を開始。
1973年(昭和48年) 協和発酵ヨーロッパ設立。
1969年(昭和44年) 協和発酵USA設立。
1966年(昭和41年) 「発酵によるアミノ酸類の生成に関する研究」に日本学士院賞受賞。
1965年(昭和40年) 飼料用「リジン」を発売。
1964年(昭和39年) KH肥料を出荷。
1960年(昭和35年) L-グルタミン酸の製法の発明に内閣総理大臣発明賞受賞。日本酒類(株)と合併し、蒸留酒業界で第2位の地位を占める。
1959年(昭和34年) L-グルタミン酸の製法の発明に科学技術庁長官賞受賞。
1958年(昭和33年) 発酵法によるL-リジンの製法を発明。
発酵法によるL-グルタミン酸の製法の発明に日本化学会化学技術賞、大河内記念賞受賞。
植物成長調整剤「ジベレリン協和」を発売し、種なしブドウの生産に貢献する。
1956年(昭和31年) 世界ではじめて発酵法によるL-グルタミン酸の生産技術を発明し、調味料界の姿を一変させる。
1949年(昭和24年) 企業整備計画に基づき協和産業(株)の第二会社として協和発酵工業(株)を創立。