• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • R&Iセンター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

企業情報

沿革

2008年(平成20年)10月1日、協和発酵工業株式会社(現・協和キリン)のバイオケミカル事業を分社、協和発酵バイオ株式会社としてスタートしました。

  • 2000年代以降
  • 1980年代~1990年代
  • 1970年代以前
2018年(平成30年) 「VELOXチャージ」ウェルネスフードジャパンアワード2018でゴールド賞受賞
2017年(平成29年) 「まいにちコラーゲン」新発売
「VELOXチャージ」新発売
「iMUSE」新発売
植物成長調整剤事業を住友化学株式会社へ譲渡
弘前大学×協和発酵バイオ 先制栄養医療に関する共同研究講座を開設
2016年(平成28年) 「アミノスタイル」新発売
山口事業所防府に大規模太陽光発電所「ソーラーファーム防府」完成
日本アミノ酸学会10周年記念大会においてグルタチオンの代謝解析に関する研究を発表

「アルギニンEX」新発売
2015年(平成27年) THAI KYOWA BIOTECHNOLOGIES CO., LTD.がアミノ酸生産工場を竣工
2014年(平成26年) 「発酵コエンザイムQ10」新発売
「ジペプチド発酵技術の開発と工業化」が2014年度農芸化学技術賞を受賞
2013年(平成25年) 「プラズマ乳酸菌」新発売
「アミノプルミエ」新発売
2012年(平成24年) タイ現地法人「THAI KYOWA BIOTECHNOLOGIES CO., LTD.」設立
2011年(平成23年) 環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の全社統合認証を取得
2009年(平成21年) 「農林水産研究開発功労者表彰」受賞
2008年(平成20年) 協和発酵工業株式会社バイオケミカル事業を分社し、協和発酵バイオ株式会社設立
2007年(平成19年) 協和発酵グループとキリングループの戦略的提携について発表。
インドのムンバイに駐在員事務所を開設。
第一ファインケミカル(株)を子会社化。健康食品「リメイク シトルリン」、食品素材「L-シトルリン」を発売。
2006年(平成18年) 植物由来の原料を使用した「協和の発酵CoQ10」の供給を開始。
「上海協和アミノ酸有限公司」の新工場が竣工。
2005年(平成17年) 医薬事業とバイオケミカル事業を両輪とする事業持株会社制へ移行。
先端バイオ研究所と東京研究所を統合し、バイオフロンティア研究所を発足。
日本で初めて植物由来の「発酵グルコサミン」を発売。
2004年(平成16年) アグロファーム社の全株式をドイツ化学会社デグッサ社へ譲渡。
リメイクシリーズ「オルニチン」等各種アミノ酸を発売。
アミノ酸二量体(ジペプチド)の新規工業製法を確立。
2003年(平成15年) 健康食品「リメイク ギャバ」を発売。
2001年(平成13年) 特定保健用食品「コレステブロック」を発売。
「コレステブロック」の主成分を粒状にした「CSPHP粒」を発売。
2000年(平成12年) 発酵法による糖鎖の量産技術を開発。