• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 健康食品OEM受託製造
  • 品質への取り組み
  • 製品カタログ一覧
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • バイオプロセス開発センター
  • ヘルスケア商品開発センター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

 

ニュース

2015年7月21日

KYOWA HAKKO BIO ITALIA Vitafoods Europeにて
シチコリンに関するプレゼンテーションを実施

 協和発酵バイオ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小谷 近之)の海外拠点であるKYOWA HAKKO BIO ITALIA S.R.L.(イタリア・ミラノ)は、2015年5月5日~7日の会期でスイス ジュネーヴにて開催された欧州最大の食品・機能性食品展示会”Vitafoods Europe”において、弊社の主力健康食品素材である「Cognizin」(一般名 シチコリン)を演題にプレゼンテーションを実施しました。



 “Vitafoods Europe”には欧州内のみならず中東等の近隣諸国、アメリカからも出展・参加があり、当日のプレゼンテーションには多数の方々にご参加頂きました。(写真はプレゼンターのKYOWA HAKKO U.S.A., INC. グローバルマーケティング・シニアディレクター、Karen Todd)

 シチコリンは、日本国内では医薬品として使用されていますが、米国では脳機能改善を目的とするサプリメントとして発売されています。また欧州ではさる2014年7月に弊社が欧州で初めてNovel Food登録を取得しました。Novel Foodは欧州で最も厳しい諮問委員会であるEFSAからの安全性確認を経て初めて取得できる登録で、欧州内のサプリメントに弊社のシチコリンが配合できます。

 プレゼンテーション終了後も弊社出展ブースに多数の来客者が訪れ、展示会の会期3日間を通して非常に盛況な展示会となりました。

協和発酵バイオは今後もグローバル企業として、医薬品や健康食品等を通じて世界の皆さまの健康と豊かさに貢献して参ります。