• 製品・サービス
  • 製品・サービストップへ
目的別で探す
  • 製品カテゴリから探す
  • 製品用途から探す
  • キーワードから探す
  • 協和発酵バイオ株式会社 オンラインショップ
  • 医薬品受託研究・製造
  • 品質への取り組み
  • 販売終了製品について
  • 製品に関するお問い合わせ
  • 研究開発
  • 研究開発トップへ
  • 生産技術研究所
  • R&Iセンター
  • アミノ酸ナビ
  • 研究者インタビュー
  • 研究開発トピックス
  • 研究開発に関するお問い合わせ

研究開発トピックス

HMO(ヒトミルクオリゴ糖)

HMOとは

HMO (Human Milk Oligosaccharide: ヒトミルクオリゴ糖) は母乳に含まれるオリゴ糖*の総称で、 母乳に含まれる固形成分の中で、ラクトース、脂質に次ぐ、三番目に多い成分です。これまでに250種類以上のHMOが母乳から発見されています。

*オリゴ糖: 数個の単糖が結合した糖類。HMOは主にグルコース、ガラクトース、フコース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルノイラミン酸によって構成される。

牛乳や他哺乳類由来の乳にはほとんど含まれず、特にヒトの初乳に多く含まれることから、赤ちゃんにとって重要な栄養素であることが知られています。

母乳中の固形成分

HMOの機能

HMOはビフィズス菌などの善玉菌の栄養素となる物質、プレバイオティクス*です。ヒトの消化酵素によって代謝されず大腸まで到達し、腸内細菌によって代謝され、様々な生理機能を発揮します。

*プレバイオティクス:人体に有益な微生物の選択的栄養源となり、それらの成長や増殖を促す物質

HMOの研究が進むにつれ、乳児の「栄養素」に加えて「機能性成分」としての働きが期待されています。

腸内フローラ維持 抗感染、免疫調整 脳機能

協和発酵バイオのHMO開発の歩み

HMOは化学構造が複雑で、大量生産が難しく、これまで粉ミルクに配合することができませんでした。しかし、当社のアミノ酸発酵の技術を応用することで、HMO生産プロセスを確立し、大量生産を実現化しました。1

[製造工程]

糖類(出発原料) → 微生物発酵 → 滅菌 → 精製 → HMO

1998年 発酵による糖鎖大量生産技術を確立2
1999年 日経BP技術賞 医療・バイオ部門受賞 “世界初の糖鎖の工業レベル生産システム技術”
2013年 HMOの工場スケール製法確立
現在 HMO製造設備立ち上げ準備中

*各国食品規制に対応予定(HACCP, Food GMP, FSMA, FSC22000など)
*Halal認証, Kosher認証取得予定
(2022年 2FL, 3SL, 6SL提供開始、順次品目拡大予定)

参考文献

  1. T. Endo, S. Koizumi, K. Tabata, A. Ozaki, Large-scale production of CMP-NeuAc and sialylated oligosaccharides through bacterial coupling. Applied Microbiology and Biotechnology, 53, 257-261 (2000)
  2. S. Koizumi, T. Endo, K. Tabata, A. Ozaki, Large-scale production of UDP-galactose and globotriose by coupling metabolically engineered bacteria. Nature Biotechnology, 16, 847-850 (1998)
  • 研究開発に関するお問い合わせ

メールによるお問い合わせには、お問い合わせフォーム冒頭のご注意事項にご同意いただき、ご利用ください。